サスマタアゴザトウムシ Nipponopsalis abei

サスマタアゴザトウムシ(奄美亜種) 

 

撮影日:2015.7、2013.11

採集場所:静岡県、鹿児島県奄美大島、山梨県、徳島県

採集環境:混交林内の沢にかかる倒木の下側の窪み内にて昼間に潜んでいるのを発見。また奄美では夜間に広葉樹林内の樹表面にて友人が採集。

モミ林内の朽木、石下など。

 

 体長2.5mm前後。

関東南部以西から奄美大島まで分布しており、日本ではこれと亜高山帯にいるツムガタアゴザトウムシの2種のみが分布するとされています。体長は3㎜ほど。

 この手の地表徘徊性のザトウムシとしては脚がかなり細長く、遠目に見ると凄く華奢な印象。だけど近くで見ればあまりにも長く・ぶっ太い漆黒の鋏角がかなりごっつく見えるため、凄まじいオーラを放っています。もうこれ以上ない格好良さ&奇怪さ。マットな質感もその重厚な感じを際立たせています。

関東では極めて珍しい種と考えられますが、2016年委に訪れた徳島県ではそれほど珍しいというわけでもなく、容易に見出された。

 

♂幼体 2017.7 山梨県

♂幼体 2016.7 徳島県

 

♀幼体 2013.7 山梨県

 

♀幼体 2016.7 徳島県