オオヤドリカニムシ Megachernes ryugadensis 

 

撮影日:2015.2

採集場所:複数の都県で採集

採集環境:落葉広葉樹林からカンバ林まで様々

 

 体長5.3~6.5mm(手持ち標本の数字)もある大型のヤドリカニムシ。

 動物の体に外部寄生することが知られている。ネズミの体表面やマルハナバチの巣からの記録がある。

 2012年秋にアカネズミから得られたことで、カニムシにはまるきかっけとなった種。

 関東某所で山の麓に住んでいる知人宅にて凄まじい数の本種が発見された。その個体がここに掲載されている写真。

 

参考文献 : Systematic Studies of Japanese Pseudoscorpions (1960)